源流釣り、大イワナを求めて!!

私がイワナ釣りを初めて30年近くなる

画像


当時はパジェロが大流行し、4輪駆動で野や山に入る人が増えた。結果、渓流釣りもプチブームになり、イワナやアマゴ、ヤマメを求めて、ルアーやフライヤーの格好をした女性の姿も見かけるようになっていた。
しかし、私たちの釣りは、誰でも入渓できる本流や中流ではなく、入渓に多少苦労するが居たら釣れる源流釣りを目的にしていた。
なぜかと言うと、ただへたくそで本流では釣果が望めないだけであった。

仕掛けは簡単
5,4mの渓流竿に道糸0,8号~1号を2mほどの長さで通し、先に半スレ針を結ぶ。俗にちょうちん釣りと言われる釣り方である。
仕掛けがシンプルだけではない、装備もいたってシンプルである。

画像


装備
渓流用の胴長靴を履き、
ウエストバッグに糸、針、目印、シズ、針外し、餌のミミズ
リュックサックにカッパ、お茶、握り飯。
お飾りに釣りベストを着ている。
シーズンを通して以上の装備で出かけるのである。

遠出をすれば交通費が多少かかるが、頭割りすればたいした額にはならず、装備一式そろえても2万円もあればおつりがくる。これで一生使えるから安い遊びである。
ただし、気を付けなければいけないのは、浮石や藻で滑り、スッテンコロリとこけたときである、最初のうちは必ず竿を折る。
腕が折れた場合は高くつくが、竿だけなら2000円程で修理が出来る。
慣れてくるとこける前に竿を放り投げられるようになる。これが出来れば上級者の仲間入りである。

渓流釣りを初めて2シーズン目ぐらいだったか、師匠が仕事先で大イワナの話を聞いてきた、それはこうである。
目的地近くの本流から支流に入り2時間ぐらい車で登る。
車からは目的の沢は見えない。
沢の入り口は小さく薬草があり入渓注意の看板がある。
入口に元民家の跡がある。
沢を釣り上ると、上流で伏流しているので徐々に水かさが減ってくる。
伏流の上に出ると沢は分れて二股になっている。
大型に備えて仕掛けを変える。
此処から釣れるのは大型のイワナばかり、尺下のイワナはリリースする。
両沢共に大イワナの桃源郷らしい。
いくら聞いても当人は途中眠っていたため、詳しい場所が判らないとしか返答しない、きっと口止めをされているのであろう。仕方ないことで、誰も釣り場は教えてはくれない、自分もそうである。

画像


この話を聞いてさっそく1/5万の地図を購入。
情報に合いそうな河川を探して片っ端から入渓していった。
結果数年かかっても発見は出来なかったが、そんな中で入渓した1本の沢が20年以上我々を楽しませてくれている。
探し求めていた場所とは違ったが、何度も右や左に小滝を巻き、最後の2段の大滝を巻き上がった上に、桃源郷が待っていた。 私も場所は教えない。
20年の間に林道は荒れはて、車も入れない状態の時期があったり、材木を切り出す時期には軽でも駐車場所まで登れる時期もあった。
多くても年3回の入渓と決め、大事にしていた頃よりも最近は大型のイワナが数多く釣れるのである。
渓流釣りをする人が減ってきたのが原因だと思う。
ブラックバスより、アマゴやイワナを釣った方が食べられて良いと思うのだが・・・

体力が落ち、針を結びなおすのに時間がかかるようになってきた昨今、この沢を訪れる回数もめっきりと減ってきた。
するとますますイワナが大きく育つ・・・・と思うとまた行きたくなる。

探していた沢はついに発見は出来なかったが、数年後ゴルフで知り合いになった人にこの話をしたら何処の沢か知っていた。そして、簡単に場所を教えてくれたのには驚いた。有名な話だったようである。

もう一本、数年に1回しか入渓しない沢がある。
大事にしている訳ではない、体力と覚悟が必要なのである。
夏の一歩手前、雪解け終りの時期を目指して出かけるのである。
テントを担ぎ、数時間沢を遡り、目的の枝沢の入口にテントを張る。今から思えば楽しい思い出であるが、良く無事で帰ってこれたと思う。
昨今のゲリラ豪雨を思うと懐の広い河川内でテントを広げる無謀な事や、雨の日の方が良く釣れるからと、台風や豪雨でも出かけていた。

画像


3年前、私が同行出来なかった年、3人で入渓した師匠たちが増水する水に襲われ、九死に一生を得た事があった。同じ時近くの河川では釣り人が流されなくなっていた。
生かされた命、無事に帰れたことに感謝し、命ある時に、自慢話として語れるうちに幕を引けばと思うのだが、最後にもう一度、もう一度行きたいと師匠は誘う・・・

たしかに
尺上のイワナを引き抜く感触
腰にぶら下げたコンビニ袋の中で、跳ね続ける大イワナ
ずっしりと重くなったザック
自慢話を与えてくれた大イワナ
天然イワナの塩焼き

しかし
老いる毎に手放さなければならない物がある
この前はゴルフを捨てた
次はイワナ釣りなのだろうか・・・














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック