アジサイ花後の剪定

木曽路で購入した、紗枝様の思い入れのアジサイの花、早くも花後の選定作業に入る。
画像


少し早いように思うが、アジサイは花が咲いたらすぐに剪定作業を行うぐらいが丁度良いそうである。

お買い得だと思っていたこのアジサイの花、オリーブの挿し木をするための土を買いに行った先のホームセンターで、同じタグを下げ同じ980円で売られていた。鉢のサイズも同じである。
土地の花農家の人が自家商品を販売しているのだとばかり思っていたが大きな間違いであった。

田舎をドライブしていると、道端で農作物を販売しているのをよく見かける。昔は覗いていたがある時を境に一切購入はしなくなった、それというのも、市場で仕入れて販売していると聞いたからである。

うかつにも木曽路ではそこまで頭が回らなかった。

こんな話を書いていたら、カニやスイカで痛い目に合ったことを思い出してきた。
次回プチ詐欺の話をアップして、溜飲を下げることにする。その前に早いとこ挿し木を済ましてしまうとするか!!

追記 

このオリーブの挿し木は、紗枝様の怒りを抑えるため率先して作業を進めています

先日、大きくなったオリーブの木を剪定したとき、紗枝様が伸ばしたかった枝を切り落としてしまったため、木の体をなさないお姿になり遊ばしたオリーブ様、樹丈3m以上あった木が今や1m有るか無いかのみすぼらしいお姿。お怒りはごもっともか・・・・・・謝る。

昔は言えなかった「ごめん」の一言が、今や朝の挨拶のように、何の躊躇もなく口からこぼれ出てくる。

年を重ねると、「愛している」ではなく「ごめん」が夫婦円満の潤滑油のように思う。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック