行き先のない休日は

エンジン始動時に「冷却液を確認してください」と警告灯が点滅しだした。
ドライブする前に車屋に寄って冷却液の1本も入れてもらえばすぐに済むと思っていた。
丁寧なフロントのお嬢様に案内され、開口一番
「連絡はいただいておりましたでしょうか」
この言い方がなーーんか引っかかる
「多少お時間がかかりますが」
連絡を入れないと冷却水1本割り込んで入れられないテカ!!

「どうぞお座りになってお待ちください」
カウンターの前で立っていると又
「どうぞおかけになってお待ちください」
どこにも空いたテーブルがないだろうが!
大きい商談室に案内され45分ほどまたされた。

冷却液の補給も終わり、玄関に止められた車に向かうとボンネットに大きな鳥のクソ・・・

おいおいおい 目に付くだろうが紫の大きなクソが2つも・・・・
にこにこしながら すみませーーん、ちょっと鳥のうんこ取ってもらえますぅ
腹の中では どの手がボンネットを閉めたんや! 気づかんか!
ふつう掃除して渡すだろうが とにこにこしながら掃除を見ていた。

なかなか四十八滝に近づけない。

奈良方面から三重周りのつもりであったドライブコースを、横を走る京滋バイパスに乗り京都縦貫道を亀岡方面へ。

京滋バイパスから京都縦貫道へは直線で繋がっているから解りよいが名神から京都縦貫道への乗り継ぎは初回は結構難しい。出来立てのころあまりの難しさに苦情が殺到したらしい。私も山陰経由が山陽経由の島根県着になってしまった。

そうそう、今CMで流れているべた踏み坂を通ったのはこの時であった。

すいませんもうすぐ四十八滝につきます、今173号線に入りました。
道の駅あたりで昼にしようかとレストランを探すが・・・・はしょります

173号線を南下途中、四十八滝の看板が目に留まる、毎度のことで散策目的で山道へと入っていきます。

数キロ走れば駐車場所や東屋やトイレのある登山口に着きます。
画像


遊歩道ぐらいにしか思っていなかったのに結構険しいらしい、常備しているトレッキングシューズに履き替えて右の滝道を進む。
画像

ほんの数十メートル進み、滝を2つほど写真に収めたところで
画像


撤退!! はやぁっ!!

肩が滝を過ぎ見上げた山道は木の根っこが張り出し、滑りやすそうに濡れている。
下から見上げればほんの数メートルであるが、トラロープも張ってある。
画像

グローブもなく、観光衣装ではちと危険と断腸の思いで撤退をした。

たいそうな・・・

車まであっという間もなくたどり着き、歩数計のノルマ達成のため、左の山道を稜線まで登ることにしたがこれも中途半端なところで雨が降ってきたためあえなく撤退・・・
こんな日もあるさと早々に帰路に就く。

ネットで検索すると岩場や鎖場が続き物見遊山ではチト危ないようである。

無理かなと思ったら引き返す。
引き返すのも勇気。


「 八さんよ!  車屋のくだりは必要なかったかな~~~~???」

「いやいや旦那様、それがなければ3行で終わりですよ!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック