蕎麦

行くあての無い休日は、蕎麦を食べに行く。
10年ほど前に胆石を患った時、油ものはご法度になり蕎麦ばかり食べていた時期がある。
おかげで、そば通になった次第である。

画像


味、香り、硬さ、舌触り、だし、店主が苦労して個性を作り上げている店も有れば、見かけ倒しの店があるのはどの世界も同じで残念な事である。
通いだすと、味、香り、硬さ、このあたりが微妙に変化する。
良い蕎麦屋と言うのは当然このバラつきの少ない店である。
味の濃い食品は、日々の違いはわかりづらいが微妙な味と香りの蕎麦は、大した舌を持っているわけでは無い私でもわかるから、蕎麦屋は難しいと思う。

過去に一度ざる蕎麦を食べ残した事がある。
食べ物を粗末にしない年代であるから、出されたものは一応平らげる習慣がある。しかも、お金を払っているときはなおさらである。しかし、この時は「平らげて帰ってはいけない!!」という神の啓示があった。
食べ残しのざるそばを見て、「あなたが作る蕎麦はまずい!!」こんなまずいものを出した事を、料理人として恥じなさい!!一乗谷の蕎麦屋さん。
というメッセージは伝わっただろうか?
伝わってないだろうな~~~

先日はちょっと遠いが、最近通っている伊賀市の蕎麦屋さんまで足をのばした。

この写真は伊賀上野城ではありません。
蕎麦屋さんの近くにある会社の建物、本日のブログには何の関係もありません。

画像









"蕎麦" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント