イワナ、アマゴ、ヤマメの調理方法

一押しはやはり
岩魚、アマゴ、ヤマメの塩焼き


画像


苦労して釣り上げたイワナやアマゴにヤマメ。
料理方法はいろいろと紹介されていますが、やはり一番は塩焼き。

おいしい塩焼きの作り方

はらわたは、釣り場できれいに取って帰ってきますので軽く水洗いをします。
お好みにあわせて塩をふります。
サバの塩焼きの要領で結構です。
ガスグリルで焼く場合や、焼き網で焼く場合も気を付けることは一つだけです、
とろ火で時間をかけて焼く
25~27cmの最適サイズの場合は30~40分ぐらいかけて、水分を飛ばします。
サイズが大きくなれば当然焼き時間も長くなります。
仕上がりの目安は
岩魚やアマゴの表面が魚の水分で湿っている場合や、魚の皮を剥がしたとき、皮と身の間に水分が残っていれば焼き直しです。

アユの塩焼きなどは口を下にして、遠火で燻製を作るように焼いています。
岩魚やアマゴも水分を十分飛ばしてください、そうすれば川魚独特の魚臭さが飛びおいしくいただけます。

画像


小振りのサイズは天ぷらではなく唐揚げや素揚げの方がべたつかなくおいしいと思います。
寄生虫がいると言われていますので刺身などの生食はお勧めできません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック