ぶらり乗鞍高原

名神高速の集中工事があるのをうっかり忘れ、ど真ん中に宿の予約を入れてしまっていた。

渋滞を心配していたのだが幸い規制箇所もなく通常より高速走行ができた位であった。

初日の予定は、東海北陸道を清見ICで降り、卯の花街道を飛騨古川へと向い平湯経由で乗鞍高原に入る。

当初卯の花街道沿いの道の駅で仮眠を取る積りでいたが、車中泊の車が1台しか止まっていない。腕に自信のがないのでもう少しにぎやかな場所を求め古川まで下り、41号線沿いの道の駅で仮眠を取ることにする。

清見から158号線で梓湖まで行けば近いのだが、そうすると時間を持て余すため41号線を大回りで平湯に入る。

朝、食事場所にと立ち寄った江馬氏屋敷跡、室町から戦国時代にかけて北岐阜を収めていた武将の館跡を復元したそうである。

写真はこの地域の地形モデル
画像

平湯から見た笠ガ岳
画像

本来、ひらゆの森での入浴を楽しみにしていたのだが到着時間が早く営業前のため、こちら平湯民俗館奥の露天風呂に入浴、料金は寸志なのに目安300円との看板?。 いつものごとく紗枝様おひとり御入浴
画像

大滝公園で無料の足湯に浸かって乗鞍に向かう。この足湯は私もよばれました。
画像

画像

乗鞍最初の温泉、私はこけももソフトを食べた後またまた仮眠。紗枝様二度目のご入浴。
画像


画像

その後、三本滝レストハウス近辺、善五郎の滝近辺、一之瀬園地などを散策した後宿に入る。
画像

自家用車が乗り入れ出来ていた頃に乗鞍スカイラインを走り白骨へ抜けている。山上バスターミナルの駐車場に入れない車が路肩にあふれ、一車線をふさいでいたのを思い出すがこのあたりの景色はまるで記憶に残っていない。

部屋の窓から見えるカモシカ。何を見ているのか?じっとしている。
”キィ~~~ン”と鹿の鳴きまねをするとこちらを見るがすぐ元に戻り、じっと何かを見つめている。
( カモシカはシカの仲間ではなく牛の仲間でした、だからモォ~~と鳴かなければいけなかった? )
後でわかったのだが、女風呂を囲っている塀で結構隙間が空いているらしくて・・・・・・・
画像

画像

散歩ついでに覗いてみると、まだ同じ場所にいます、写真を撮ろうと近づいて行きますがなかなか動きません。10M位まで寄るとやっと動き出しました
画像

画像

重い腰を上げたと思ったらこちらに向かって走ってきます。そうなると怖いもので「背中を向けたらアカン!」などと言いながら二人そろって後ずさりしていました。
画像

画像


ニホンカモシカを見かけたら
1 近づかない
2 逃げ道をふさがない
3 立ち去る、見守る、驚かせない
と盛岡市のホームページに載っていました。
やってはいけないことを全てやってしまった・・・・・

ここで疑問?

ニホンカモシカは特別天然記念物で保護されていますが、ニホンジカは害獣扱いで嫌われています。同じ植物を食べていそうなのにこの扱いの違いは何故?

ちょっと調べてみました。

鹿の生息域が広くなりニホンカモシカの生息域を犯している為、ニホンカモシカの数があまり増えない。
しかし、地域によっては食害対策のために駆除も盛んに行われている。
知らないだけで駆除もされていました。

本日はこの地で宿泊。 
おやすみ・・・・・ ・ ・   ・     ・










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック