三姉妹の見分け方 アマゴ、ヤマメ、イワナ

今回は渓流の女王あまご、やまめ、いわなの見分け方に
サクラマス、サツキマス、アメマスも入ります
あまご
画像

サツキマス
画像

あまご  サケ科の魚で河川残留型をアマゴと呼び
海に降りて帰ってきたアマゴをサツキマスと呼ぶ

体側に黒色斑紋(パーマークと呼ぶ)の並ぶ清楚な魚で、小朱点がある

西南日本の太平洋側河川の上流にすむ

ヤマメ
画像

サクラマス
画像

ヤマメ  サケ科の魚で河川残留型をヤマメと呼び
海に降りて帰ってきたヤマメをサクラマスと呼ぶ

アマゴと同じくパーマークはあるが小朱点がない

天然での分布域は本州の関東以北の太平洋岸と日本海側全域

いわな
画像

アメマス
画像

いわな 白い斑点と朱紅色の小さな斑点が点在しており
大きな口と鋭い歯を持つイワナ。

東北、北海道など一部で降海するイワナを
アメマスと呼び鮭と同じぐらいに大型化する。

アマゴ、ヤマメが明るく開けた河原に棲んでいることと対照的に、イワナは大きな岩陰や深い淵など、暗い物がげを好みアマゴやヤマメよりも上流に生息する。もともと降海型であったが、氷河期の終焉に伴う気候の温暖化で、河川の上流域に陸封されたとされている。
魚止めの滝やどんな険しい滝の上にもイワナが生息しているのは、むかしむかし地元の木こりやマタギが食料にするために上流に運び上げたという説や、イワナは水の無いところを移動するとか、水の無い滝を登るとか諸説あります。確かにアマゴやヤマメは釣り上げるとすぐに死にますが、イワナは水の無い状態が続いても生きていまから自力で上流を目指したのかもしれません。

呼び方は変わるが全国に分布している
アマゴ、ヤマメ、はスーパーの鮮魚コーナーに時折並ぶがイワナは並ばない。

海に降りると三匹ともにおしりにマスと付くが、ニジマスは外来種で誰もニジマスを釣りに行こうとは言わない、申し訳ないが釣り師にとってはニジマスとは格が違う。
しかし、回転寿司で回るサーモンは大方ニジマスの兄弟でありながら大人気なのである。

三姉妹の見分け方;イワウチワ、イワカガミ、岩チドリ  

三姉妹の見分け方;モクレン、コブシ、タムシバ     

三姉妹の見分け方;アヤメ、花ショウブ、カキツバタ   

三姉妹の見分け方;シャクヤク、ボタン、シャクナゲ 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック